食品の栄養素の量を記載する表とは

食品成分表とは、文部科学省によって作成されており、正式名で言うと「日本食品標準成分表」と言います。
食品成分表では、食品の可食部の100グラムに含まれている栄養素の量を掲載しており、その食品の水煮をする・焼く・ゆでるなどといった調理後の成分も記載されています。
エネルギー・水分・炭水化物・脂質・たんぱく質・無機質・ビタミン・脂肪酸・コレステロール・食物繊維・塩分含有量・灰分などに分けて栄養素を記載しています。
この食品成分表は、学校給食や病院食などの給食業務の場で活躍を見せており、近年では、様々な場面において活躍が見られています。
また、生活習慣病予防のために家庭で購入して活用しているといった人もいます。
近年の生活習慣病にかかる患者が増加する傾向にある状況では、生活習慣病の予防のためにも欠かせないものになっていくのではないかと考えられており、家庭でも購入して活用する人が増えていく事が予測出来ます。

食品の栄養素について
食品成分表を参考にしましょう
食品の栄養素の量を記載する表とは
食品サンプルをコレクションすると面白い